top of page

発表会を終えて

皆様こんばんは。

既に一週間も経ってしまいましたが、、、


と、ここまで書いてから更に一週間が経過してしまい

発表会を終えてから二週間が経ちました。


決して何もしていなかった訳ではなく、生徒さんお一人お一人と向き合い、消化期間を過ごしていました。


自分が子供の頃、発表会といえば準備はするものの終わった後は特に何もなかったことを覚えています。


今回は、本番で練習以上に上手くできた生徒さんも、練習のように上手くいかなかった生徒さんもそれぞれに物語がありました。


沢山の生徒さんが参加された数だけ、物語もたくさんありました。

音楽は舞台に立つまでも物語だし、舞台上で起こることも物語、そしてその後のことも物語。

つまりは全てが人生の一部の物語であります。


普段の演奏会よりもさらに濃厚な物語が沢山あったからこそ、

今回の発表会は非常に有意義な1日となりました。


私たちが本番で向き合うのは自分自身しかいない訳ですが、生徒さんにおいては本番後寄り添える唯一の存在が先生だと再認識し、お一人ずつ振り返っておりました。


そして生徒さんと講師同士とお話しまして、

これからお教室のおさらい会というものも積極的に取り入れていこうと思います。


何を言おうと人生一度きり。

何百年と継承されてきた音楽を今生きる私たちも、その喜びを味わいましょう。


オブレヒト音楽院がこのように音楽を愛し、他人を愛することができる仲間が集まる場となっていることは、私たちにとってこの上ない喜びです。


生徒さんの発表会ダイジェスト(長くなってしまいますので抜粋)はお教室のホームページのトップに貼らせていただいていますので、ぜひご覧ください。


今後も何卒よろしくお願い申し上げます。




安堵の笑顔…皆さん本当にお疲れ様でした!そしておめでとうございました!!



0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page