チェロ・古楽器(ヴィオラ・ダ・ガンバ)コース
​Cello & Viola da gamba
 
 

武澤 秀平 Shuhei Takezawa(主宰)

チェロ、ヴィオラ・ダ・ガンバ奏者。千葉県出身。

 

東京藝術大学音楽学部附属音楽高等学校を経て同大学器楽科チェロ専攻卒業。同声会賞受賞。

2006年~2013年新日本フィルハーモニー交響楽団チェロ フォアシュピーラー。

これまでにヴィーラント・クイケン、ロレンス・ドレイフュス、上村かおり、エマニュエル・バルサ、

 

ガエタノ・ナジッロ、アンナー・ビルスマ各氏のレッスンを受ける。

 

チェロを崎野敏明、三木敬之、菊地知也、山崎伸子の各氏に、

 

ヴィオラ・ダ・ガンバを福沢宏氏に師事。

2015年から2018年までデン・ハーグ王立音楽院にてヒストリカルチェロをルシア・スヴァルツ、

 

ヤープ・テル・リンデンの両氏に師事。

 

その他在学中にキャサリン・ジョーンズ、アルベルト・ブリュッヘン、

 

リヒテ・ファン・デア・メール氏のマスタークラスを受ける。

 

ヴィオラ・ダ・ガンバをミネケ・ファン・デア・フェルデン、フィリップ・ピエルロの各氏に師事。

 

これまでにバッハ・コレギウム・ジャパン、オーケストラ・リベラ・クラシカ、

 

クラシカル・プレイヤーズ・東京等のチェロ奏者を歴任。

 

ジョーバンバロック・アンサンブル メンバー。

 

。2015年まで桐朋学園大学古楽器科非常勤講師。現在はフリーランス奏者として多方面で活動中。

 

オランダではオランダ・バッハ協会の公演にも参加した。

2018年秋帰国。

https://syuchan-tabigeinin.wixsite.com/syuchan

フルート・古楽器(フラウト・トラヴェルソ)コース
​Flute & Flauto traverso
 

武澤 泰子 Taiko Takezawa

フルート、フラウト・トラヴェルソ奏者。岩手県出身。

幼少期よりピアノを嗜んだのち16歳よりフルートをはじめ、

 

桐朋学園大学音楽学部卒業(フルート、フラウト・トラヴェルソ)。

 

その後オランダへ留学しデン・ハーグ王立音楽院、フラウト・トラヴェルソ科にて修士課程修了。

 

修士論文は「19世紀におけるフルート音楽及び楽器と演奏解釈」を研究し、

 

フラウト・トラヴェルソから現代フルートまでの時代別演奏スタイルをオリジナル楽器を用いて発表。

 

​音楽院在学中よりフラウト・トラヴェルソ奏者としてオランダ国内のオーケストラプロジェクト、

 

アンサンブルに参加する一方、現代フルート奏者としてもアンサンブルから現代曲の初演にも携わった。

 

フルートを坂橋矢波、白尾彰、フラウト・トラヴェルソ及びルネッサンスフルートから

 

ロマンティックフルートをケイト・クラーク、ウィルバート・ハーゼルゼットの両氏に師事。

 

これまでにフランク・トゥーンズ、マルタン・ロート、

 

ミヒャエル・シュミット・カスドルフ各氏のマスタークラスを受ける。​

 

​スペインのフルート奏者、パブロ・ソーサ・デル・ロサリオ氏とのデュオ、

 

La Conochiave(ラ・コーノキアーヴェ)メンバー。

ヴァイオリンコース
​Violin
 

​髙岸 卓人 Takuto Takagishi

滋賀県彦根市出身。東京藝術大学を卒業後、同大学大学院修士課程、

デン・ハーグ王立音楽院を修了。東京藝術大学卒業時に同声会賞を受賞。

 

平成27年度 滋賀県次世代文化賞を受賞。クフモ室内楽音楽祭、パシフィック・ミュージック・フェスティバル、

 

シュレスヴィヒ=ホルシュタイン音楽祭オーケストラアカデミー、EQ: Evolution of the String Quartet等に参加。

 

横浜シンフォニエッタ、バッハ・コレギウム・ジャパン、オーケストラ・リベラ・クラシカ、

 

アンサンブル室町等の公演に出演している。

 

これまでにヴァイオリンを戸澤哲夫、野口千代光、若松夏美、寺神戸亮の各氏に師事。

 

オランダ・バッハ協会の ‘Young Bach Fellow’ として2019-2020シーズンの公演に参加している。

 

© 2018 by Conservatorium Obrecht.

Proudly created with Wix.com