オブレヒト音楽院で学べる、3つのコース

 

一般的にはそれぞれの楽器を1コースだけ取り扱っている教室の方が専門的に思えますが、

当教室では楽器はもちろんのこと、音楽に対して常に学ぶ姿勢を持ち続ける講師達が日々高め合い、

より実りある時間を生徒さんと共有出来るような総合的且つ専門的なお教室づくりを心がけています。

また、講師二人が全コースの生徒さんと向き合い見つめることによって、講師の独りよがりにならず、常に

 

客観的な視線と意見を取り入れながら生徒さんの成長を促しています。

 

チェロコース

 
 

古楽器とは、バッハやベートーベンが活躍していた時代に使われていた楽器と同じ仕様の楽器のことで、

 

現代の楽器とは全く異なる深く豊かな響きがあり、ヨーロッパをはじめ現在世界的に注目を集めています。​

こちらでは皆さんご存知の金属製のフルートのご先祖、フラウトトラヴェルソという、

ロマン派時代、クラシック時代、バロック時代、そしてルネサンス時代の木製フルートを選び学んでいただけます。

現代のフルートよりも楽器が軽くリコーダーのように楽器がシンプルなので、

楽器に全く初めて触れる方にもおすすめです。

ヴィオラ・ダ・ガンバはバロック時代のヨーロッパ貴族の嗜みであり、

脚(ガンバ)で支えて構えるヴィオラ(弦楽器の総称)のことを指します。

ギターのように6本あるいは7本の弦が張ってあり、フレットもあります。

お箸のように弓を持って演奏します。ガンバにはヴァイオリンほどの大きさのものから

 

チェロほどの大きさのものまで様々存在し、それらを集めて合奏することを「コンソート」と呼びます。

たとえ小さいお子様が高音用の小さなガンバから勉強を始めたとしても、その楽器は大人になっても使えます。

 

個人レッスンの他、楽しいアンサンブルもあなたを待っています。

 

© 2018 by Conservatorium Obrecht.

Proudly created with Wix.com